舞妓募集に応募して大和撫子目指しちゃおう!

街

条件に関すること

舞妓の後ろ姿

多くの舞妓は日本舞踊の作法を若い頃から身に付けているのです。舞妓の立ち振舞に品があるのは、日本舞踊の動きが関係しているのでしょう。舞妓は、舞妓募集をしてきた時から品のある女性だったというわけではなさそうです。

利点についての説明

舞妓さん

舞妓の多くが修得している日本舞踊。日本舞踊は日本の伝統芸能でありますが、現状、日本舞踊について詳しい知識を持つ人は少ないと思います。このページでは、日本舞踊について簡単な説明をしていきましょう。

美しさに関わる仕事

女性二人

厳しい仕込み期間

京都の祇園を歩いていると、白塗りの和服美人、舞妓さんをよく見かけます。舞妓とは、日本の歴史や文化を象徴する女性のことです。京都の祇園などの花街において、舞い、三味線などを用いて芸を披露してくれます。その芸は美しく、観客達を虜にするほどです。また、舞妓は芸の美しさだけではなく、容姿の美しさも持った女性です。現代的な美しさとは異なり、古典的な日本本来の美しさを持つ舞妓の容姿は、大和撫子を感じさせるものでもあります。品性、知性を持つ美しい女性、舞妓。舞妓に憧れる女性も多いでしょう。舞妓になるには、お茶屋や置屋の舞妓募集に応募しなくてはなりません。
前のページで舞妓になる為の条件を満たすことが出来た女性は、舞妓募集への応募や、置屋の面接などによって、舞妓への道を歩み出すことが出来ます。ただし、最初のページでお話したように、舞妓になる為には修行が必要です。修行段階の舞妓は「仕込みさん」と呼ばれます。仕込み期間中は大変厳しいことにも耐えなければなりません。飲食やトイレを我慢し、満足に就寝することも出来ないようです。置屋の女将、芸子の先輩方の世話をしながら、舞妓になる為の修行を行うのです。京ことばを覚えたり、日本舞踊教室、三味線教室に通ったりします。この仕込み期間は予想を超える厳しさのようで、殆どの仕込みさんは、仕込み期間中に辞めてしまうそうです。祇園を華やかに清らかに歩く舞妓。彼女達の笑顔や美しさの中には、数え切れない苦労があったのでしょう。

芸事の世界で働こう

ジョブ

キレイな姿が人気の舞妓さんは女性の憧れでもあります。舞妓さんには18歳から応募出来るので、興味のある人は舞妓募集に応募してみると良いでしょう。研修もあるので初心者でも安心して働けます。